【日本学術会議ニュース】東日本大震災公開シンポジウム・サイエンスカフェin鳥取・STI for SDGsアワードのお知らせ

投稿日:2021-05-21

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.750**  2021/5/14 ======================================================================

1.【開催案内】公開シンポジウム

「東日本大震災10年と史料保存-その取組と未来への継承-」

2.【開催案内】サイエンスカフェ in 鳥取

「鳥取のおいしい地域資源 ~ローカル酵母と梨ポリフェノール~」

3.【国立研究開発法人科学技術振興機構】

科学技術イノベーションでSDGsに貢献!

2021年度「STI for SDGs」アワード募集のお知らせ

■——————————————————————–

【開催案内】公開シンポジウム

「東日本大震災10年と史料保存-その取組と未来への継承-」

——————————————————————–■

【主催】日本歴史学協会/日本学術会議史学委員会/日本学術会議史学委員会

歴史資料の保存・管理と公開に関する分科会

【共催】全国歴史資料保存利用機関連絡協議会/日本アーカイブズ学会

【日時】2021(令和3)年6月26日(土) 13:30~17:30

【場所】オンライン

【参加費】 無料

【定員】300人

【事前申込み】要(どなたでも参加いただけます。)

https://forms.gle/EieasBhbUBme6YFL6

【開催趣旨】

東日本大震災から10年という機会に、原発災害への対応も含め、この10年間

の被災地における歴史資料や文化財等の救済・保存への取組を振り返り、課題

や問題点を確認し、歴史資料や文化財等を未来へ継承するための活動を展望す

ることにしたい。なお、特別報告として、国立公文書館によるアーキビスト認

証制度をめぐり、第1回アーキビスト認証の経緯や今後の取組について報告を

お願いした。

【プログラム】

http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/311-s-0626.html

【問い合わせ先】

若尾政希

メールアドレス:wakao.masaki(a)@r.hit-u.ac.jp

※(a)を@にしてお送りください。

 

■——————————————————————–

【開催案内】サイエンスカフェ in 鳥取

「鳥取のおいしい地域資源 ~ローカル酵母と梨ポリフェノール~」

——————————————————————–■

【主催】日本農芸化学会

【共催】日本学術会議農芸化学分科会

【日時】2021年6月26日(土)14時~16時

【場所】鳥取大学広報センター内 Community Design Lab

(鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101番)

【参加費】一般500円(学生 300円)茶菓代として

【定員】会場:15名 リモート:30名

【事前申し込み】要

参加申し込み

https://forms.gle/XdCVJdLYJDDhsBV9A

または

E-Mail: arima_[at]_tottori-u.ac.jp

※_[at]_は@に変換をお願いします。

タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」と記載の上、[1]氏名[2]年

齢[3]電話番号[4]学生か否かをご明記ください。

 

【開催趣旨】

二十世紀梨葉から開発された「なしば茶」、ローカル酵母を利用したパンづ

くりという二つの話題を基に、美味しい地域資源の可能性についてお話します。

試食や試飲を通して、その可能性と美味しさを実感しましょう。

※新型コロナ感染拡大の防止に細心の注意を払い、換気、スタッフのマスク着

用等の防止策を徹底して、講座を実施します。参加者のみなさまも、手洗いや

マスクの準備など感染症防止策にご協力ください。

 

【プログラム】

コーディネーターが地域資源の様々な可能性を説明しつつ、参加者と講師の

先生においてディスカッションを談話形式で進めます。

http://www.scj.go.jp/ja/event/cafe.html

 

挨拶:稲垣賢二氏(岡山大学大学院環境生命科学研究科、日本学術会議連携会

員、農芸化学分科会副委員長)

講演:「鳥取のおいしい地域資源 ~ローカル酵母と梨ポリフェノール~」

(講師)児玉基一朗氏(鳥取大学大学院連合農学研究科教授)

フリーディスカッション:「地域色ある資源の可能性を探ろう! 」

(コーディネーター)有馬二朗氏(鳥取大学農学部教授)

 

【問い合わせ先】

氏名:有馬二朗(鳥取大学農学部 教授)

メールアドレス: arima(a)tottori-u.ac.jp

※(a)を@にしてお送りください。

■——————————————————————–

【国立研究開発法人科学技術振興機構】

科学技術イノベーションでSDGsに貢献!

2021年度「STI for SDGs」アワード募集のお知らせ

——————————————————————–■

JST(「科学と社会」推進部)は、科学技術イノベーション(Science,

Technology and Innovation : STI)を用いて社会課題を解決する優れた取り

組みを対象とした表彰制度“「STI for SDGs」アワード”の2021年度の募集を

行っています。

このアワードは、国内の団体によって行われている優れた取り組みを見出し

表彰することで、取り組みのさらなる発展や、同じような課題を抱える地域で

も広く活用できるよう水平展開を進めることを通じて、SDGsの達成に貢献する

ことを目的としています。

2030年まで残り10年を切った今、「行動の10年」として目標達成へ向けた活

動をより推進していく必要があります。幅広い分野で社会課題の解決に取り組

まれている皆様からの、数多くのご応募をお待ちしています。

 

●募集期間: 2021年4月15日(木)~ 6月30日(水)

●制度詳細: これまでの受賞取り組み内容も、こちらでご覧いただけます。

https://www.jst.go.jp/sis/co-creation/sdgs-award/

●応募要領詳細:

https://www.jst.go.jp/sis/co-creation/sdgs-award/2021/boshu_award_2021.html

●後援: 文部科学省

 

<本件のお問い合わせ先>

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「科学と社会」推進部

「STI for SDGs」アワード事務局

E-mail:sdgs-award(a)jst.go.jp

※(a)を@にしてお送りください。

 

※JSTでは、SDGsの達成を推進するためのファンディング事業

「SOLVE for SDGs」も募集中です。詳細はこちらをご覧ください。

https://www.jst.go.jp/ristex/proposal/proposal_2021.html

(2021年6月8日 12:00締切)

 

***********************************************************************

学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから

http://jssf86.org/works1.html

***********************************************************************

=======================================================================

日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ

の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み

いただけるようにお取り計らいください。

過去のメールニュースは、日本学術会議ホームページに掲載しております。

http://www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html

 

【本メールに関するお問い合わせ】

本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できません。

本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連絡先の記載がありますの

で、そちらからお願いいたします。

=======================================================================

発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/

〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34

PAGETOP