学会誌

日本味と匂学会誌について

日本味と匂学会(JASTS)では、1994年より、「日本味と匂学会誌(味と匂誌)(英名:The Japanese Journal of Taste and Smell Research (Jpn J Taste Smell Res))」を年2回(春・秋)発行し、JASTS会員に配布しています。学術大会や関連のシンポジウムに関する総説、お知らせなどを収載しています。また原著論文投稿も受け付けていますので、奮ってご投稿ください。
詳しくは投稿規定・執筆要領をご覧ください。
なお2024年より、味と匂誌は冊子形態から電子書籍へと移行しました。バックナンバーよりご覧ください。

味と匂誌本文の閲覧には、会員へ発行されるパスワード等が必要です。パスワード等が不明の方は事務局までお問い合わせください。

味と匂誌Vol.4(1997年)~22(2016年)のNo.3、及びVol.24(2018年)~27(2020年)の特集号(大会プロシーディングス)は、大会の発表内容に関する短報集ですが、現在、公開していません。

最新号31巻 1号(2024年5月)

目次

巻頭言  東原和成

 

追悼:栗原堅三先生

  追悼:栗原堅三先生  山本隆

  恩師栗原堅三先生を偲んで  熊澤隆

  栗原先生ごめんなさい!  庄司隆行

 

総説

  味蕾細胞の分化制御  片岡真司・松山佳永・豊野孝・瀬田祐司

  構造生物学・生物物理学で探るタイプ1 型味覚受容体リガンド結合ドメインの多彩な化学物質認識  山下敦子・石田光

  ヒト嗅覚受容体の脱オーファン化(嗅覚受容体のリガンド同定)  大村真代

 

原著論文

  NaCl 添加によるうま味の増強効果の定量的解析  田中伽奈・桂川晴花・近藤高史

  嗅覚障害患者におけるコク受容強度に対する嗅覚の影響  細矢慶・小町太郎・香中優美・大久保公裕・松根彰志

 

日本味と匂学会第57 回大会受賞記念総説(研究奨励賞:味部門)

  味覚機能の加齢による変化  成川真隆

 

日本味と匂学会第57 回大会受賞記念寄稿(優秀発表賞)

  優秀発表賞を受賞して~スパイス由来の呈味増強成分の探索~  八木徹哉

  優秀発表賞を受賞して  名倉百華

  3 年間の研究生活を通して学んだこと―人は主体性が9 割―  福本慎吾

  優秀発表賞をいただいて  山田優

  嗅覚障害への新規治療を目指した研究を通して  石倉友子

 

技術ノート

  リッキング運動の計測技術とその応用佐藤元

 

研究室紹介

  小川香料株式会社  宮澤利男

 

若手の会のページ

  若手の会に参加してみませんか?

 

書評

  「匂いが命を決めるヒト・昆虫・動植物を誘う嗅覚」Bill S. Hansson 著・大沢章子訳 尾﨑まみこ

 

2024 年度日本味と匂学会第58 回大会(岡山)のお知らせ(第二報)

 

2024 年度日本味と匂学会研究奨励賞候補者公募のご案内

 

2024 年度日本味と匂学会賞・功労賞受賞候補者推薦のお願い

 

2024 年度日本味と匂学会評議員申請のご案内

 

学会事務局報告

  2023 年度日本味と匂学会総会議事録

  2023 年度第3 回運営委員会議事録

  2024 年度第1 回運営委員会議事録

 

日本味と匂学会会則

 

編集規定

  「日本味と匂学会誌」投稿規定および執筆要領

 

編集後記

 

法人会員名簿

PAGETOP